HOW TO CARE

ご自宅でのケア

MONATELIER-モナトリエ-のジュエリーは、
一つひとつが職人の手仕事によって作られているため、とても繊細にできております。
みなさまとご一緒に素敵な時間を過ごせるよう、大切に身に着けていただければ幸いです。

いつでも簡単、基本のお手入れ

乾いた柔らかい布で、優しく拭きます。
表面についたほこりを拭うだけでもお手入れの効果はありますが、皮脂や化粧品など油分を含んだ汚れを落とすには、セーム革のクロスがおすすめです。

汚れは毎日少しづつ蓄積されていくので、使った後こまめに拭くだけでも輝きが違います。

自宅でしっかりクリーニング

  • 01浸け置き

    容器に入れたぬるま湯に中性洗剤 (台所用洗剤) を数滴垂らし、軽くかき混ぜます。
    しばらくジュエリーを浸け置き、汚れを浮き立たせます。

  • 02ブラッシング

    ブラシ(柔らかい歯ブラシや筆など)で軽くこすります。
    チェーンや、石の裏側の明り取りもお忘れなく。

  • 03拭き取り

    きれいな水で洗剤と汚れを濯ぎます。
    流水を使う場合は、ジュエリーを流さないようご注意ください。
    柔らかい布で優しく水気をふき取ります。

自宅でしっかりクリーニング

  • 01浸け置き

    容器に入れたぬるま湯に中性洗剤 (台所用洗剤) を数滴垂らし、軽くかき混ぜます。
    しばらくジュエリーを浸け置き、汚れを浮き立たせます。

  • 02ブラッシング

    ブラシ(柔らかい歯ブラシや筆など)で軽くこすります。
    チェーンや、石の裏側の明り取りもお忘れなく。

  • 03拭き取り

    きれいな水で洗剤と汚れを濯ぎます。
    流水を使う場合は、ジュエリーを流さないようご注意ください。
    柔らかい布で優しく水気をふき取ります。

ジュエリーを汚れから守るために

ジュエリーにとって油分は大敵です。
輝きをにぶらせるだけでなく、ホコリがこびり付きやすくなり汚れの原因になります。
特にダイヤモンドは、油とよく馴染む性質があるため、油で表面がくもってしまいがちです。
乳液や化粧品などを使うときはジュエリーを外しましょう。

変形・破損を起こさないために

細工の多いジュエリーは引っかかりにご注意ください。
MONATELIER-モナトリエ-のジュエリーは、「日常的に使えるジュエリー」として極力なめらかに仕上げておりますが、デザインにより引っ掛かりが起きやすいものもございます。
引っ掛かりはツメの緩みを引き起こし、破損、石はずれや怪我に繋がります。着替えなど、身支度の際は一度外すことをおすすめいたします。
また、硬いもの・重いものをギュッと掴む動作はリングに大きな負荷をかけ、変形だけだけでなく石はずれの原因にもなります。

意外かもしれませんが、金やプラチナは純度が高くなるほど柔らかくなるため、変形もキズ付きも起こりやすくなります。
「お守りのように着けっぱなし」という着け方もお聞きいたしますが、永くお使いいただくためにも過度の負荷がかからないようにご配慮ください。
運動の時はもちろん、入浴、就寝、炊事や掃除の際はジュエリーを外してください。

特に注意が必要な素材について

エメラルドをはじめとする色石全般は、ダイヤモンドと異なり、柔らかくデリケートです。
何かにぶつけることがないよう注意し、超音波洗浄も避けてください。